TEL
矯正歯科治療で輝く笑顔に!永久歯の萌出した10代から成人まで治療可能です。

はしもと歯科は、
あなたに最適な
矯正歯科治療をご提案
します

はしもと歯科の
矯正歯科の特長

  • 1日本矯正歯科学会の認定医が治療を行ないます
  • 3iTero element(アイテロ エレメント)光学印象を導入しています

システム

マウスピース型矯正歯科装置
(インビザライン・完成物薬機法対象外)という選択

患者様一人ひとりの歯にカスタマイズ

患者様一人ひとりの歯に合わせて作製される、装置を装着することで段階的に歯を動かし矯正を行います。

いつでも簡単に取り外し可能

装着していても違和感が少なく、取り外しが可能なため、食事や歯磨きなど日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

メリット

「新しい笑顔」で始める
歯科矯正治療

目立ちにくい

透明に近く目立たないため、装着してることがほとんどわからず、見た目によるストレスを感じさせません。

取り外しができて
衛生的

食事や歯磨きの時は矯正装置を取り外すことができるため、普段どおりに歯のお手入れができ、口腔衛生を健康な状態に保つことができます。

口腔内トラブルが
少ない

ワイヤーやブラケットを使用しないため、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

矯正治療中も笑顔を見せることができます。カスタマイズされた矯正装置を1~2週間(※)ごとに交換しながら装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げていきます。すこしずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づいていくことでしょう。

交換頻度および装着時間について、主治医にご相談ください。

『iTero element』を導入

はしもと歯科では、『iTero element』を導入
しました。

iTero element(アイテロ エレメント)

iTero elementは、歯型の採得をデジタルで行う機械です。

iTero elementの特徴

  • 精密さ

    高速で連続的なスキャニングにより、精密な歯の3D画像データを採得します。従来の歯型とりと比較して、歯型の変形もなく、非常に精密なデータを使用して矯正歯科装置を作製することが可能になりました。

  • スピーディー

    従来は、採得した歯型を空輸でアメリカまで輸送していたため、矯正歯科装置が完成するまでに時間がかかりましたが、iTero elementではスキャンしたデータをそのままパソコン上で送信することができるため、装置の完成までの期間が大幅に短縮されます。

  • 快適

    歯型を採得する時、従来はシリコンという粘土のような素材をお口いっぱいに入れて採得していましたが、iTero elementでは、小型の口腔内用のカメラを用い、歯の動画を撮影するようにスキャンしていきます。そのため、嘔吐反射の強い方でも緊張せずに歯型とりが可能になりました。

iTero element

費用 treatment pay

精密検査・診断料 5万5千円

※精密検査後、診断を行います。3D治療計画ソフトウェアによる3Dシミュレーション診断を含みます。
※精密検査・診断料には消費税が加算されます。

マウスピース型矯正装置
(インビザラインフル) 一般的な症例
内容 各費用 合計
初回装置代 19万8千円 75万円
矯正料 55万2千円
(2万3千円×24回)
マウスピース型矯正装置
(インビザラインライト) 軽度な症例
内容 各費用 合計
初回装置代 19万8千円 45万円
矯正料 25万2千円
(2万1千円×12回)
マウスピース型矯正装置
(インビザラインi7) さらに軽度な症例
内容 各費用 合計
初回装置代 15万円 30万円
矯正料 15万円
(1万円×15回)
リテーナー
内容 合計
治療後の歯並びを保つためのマウスピース 3万円
  • 初回装置代が、装置を作製する時点でかかります。
  • 矯正料は分割でのお支払いが可能です。
  • 初回装置代と矯正料は、まとめてのお支払いも可能です。
  • 上記の治療費には消費税が加算されます。
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害 救済制度の対象外となる場合があります。

<薬機法対象外であることについて>
マウスピース矯正で使用する装置が日本で医療機器としての矯正装置と認められるためには、 薬事承認されている材料を使用していること、日本の国家資格である歯科医師か歯科技工士が製作したものであることが必要です。当院で使用しているマウスピースをつくるための素材は、薬事承認されており口の中に入れて問題のあるものではありません。しかし、マウスピースは海外で作製され、日本に送られてくるシステムとなっています。治療を担当する日本の歯科医師が設計したマウスピースですが、海外で作製しているため、薬機法対象外となっています。薬機法対象外の装置を使って保険診療を行うことはできません。しかし矯正歯科治療は保険外診療になりますので、歯科医師の裁量のもと使用することは問題ありません。当院では担当する歯科医師から説明を行っています。

あなたの歯並びはどのタイプ?

example 01
でこぼこした歯並び
example 02
歯と歯の隙間
example 03
上の歯が出ている
example 04
下の歯が出ている
example 05
上の歯が下の歯を隠している
example 06
奥歯は噛んでいるが、前歯は噛んでいない

Q & A Question and Answer

よくあるご質問

治療できる範囲は限られますか?
一般的な矯正装置と同様、治療の適用範囲に制限は設けておりません。
但し、担当医の治療方針によって対応できる範囲が異なるため、詳しくは担当医へご相談ください。
治療期間はどれくらいですか?
治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがないと矯正歯科を専門に行う歯科医より報告されています。
治療費用はどのくらいかかりますか?
治療費用は、必要な治療の種類や期間等をふまえて決定されます。
はしもと歯科では、分割でのお支払いやクレジットカード払いにも対応しています。
年齢による制限はありますか?
年齢による制限はありません。
永久歯が完全に生え揃っていない患者様も、治療が可能です。
詳しくは治療を担当する歯科医に直接ご相談ください。
電話での事前予約が便利です
084-953-6484